貧乏はお金持ち レビュー

スポンサーリンク

所感

本著者の作品では、社会の構造を論じた上でフリーエージェント(個人事業主)になるべきだと主張するものが多数ある。その中でも本書は、その具体的方法にフォーカスした実用書である。

本書はフリーエージェントを法人化した「マイクロ法人」の優位性を教えてくれる。サラリーマン(特に若者)がいかに搾取され、中小企業経営者(マイクロ法人を含む)という「社会的弱者」がいかに優遇されているかを思い知らされた。

本書で扱うテーマは以下のものが主だ

  1. 法人とは何か
  2. 会社の分類(株式会社、有限会社、合同会社 etc.)
  3. 会計の基礎
  4. 税と社会保険”税”
  5. ファイナンス

テーマの核心をつく実例を述べた後に、本題に入っていく形式で各章が構成されている。実例の記述を追うのが、歴史の教科書を読むくらいキツいが、本題の理解を深める上で重要だった。

私のような政治経済の知識が浅い者には重い内容だったが、あとがきに「これでも、基礎中の基礎に内容を絞った」という旨の記述があり、眩暈がした。

著者

橘玲

貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する (講談社 α文庫)

新品価格
¥972から
(2019/5/3 16:54時点)

レビュー
スポンサーリンク
ごとぅーんをフォローする
スポンサーリンク
スモビュ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました