「無税」入門 レビュー

スポンサーリンク

所感

2018年に朝日新聞で紹介され、大きな反響を呼んだ本書には、サラリーマンが節税どころではなく、無税で生きていくための方法が記されている。もちろん合法で。

著者は37年間のサラリーマン生活で約900万円を無税生活によって手に入れたようだ。着目すべきはそのコスパである。年に1度小1時間を使うだけで、約20万円の税金の還付を著者は受け続けてきたようだ(時給20万円!)。

手順はとても簡単で以下の3ステップを行うのみらしい。

  1. 副業でサラリーマン兼自営業者になる
  2. 税務署に開業届を提出(初回のみの作業)
  3. サラリーマンの給与所得と副業による赤字を合算し、所得0にして、確定申告

ポイントと注意点は以下だ。

  • 初めての難しそうな手続きだが、役人に相談しながらやれば簡単
  • 副業は本人の認識次第で事業とみなせる(稼げていなくてもよい)
  • 副業で赤字が作れるのは、家賃や生活インフラ費の合計の半額が副業の経費にできるから
  • 会社にバレる可能性はなくせない

著者が無税の人になれたきっかけは、とある週刊誌で無税の方法を読んだからだ。他にもその記事を読んだ人は多いが、それを実践に移す者は限られる。その知識を得てから、実践するか否か。問題はそこだけだ、と本書でも強調されていた。

読書で得られる知識はすぐに実践できることばかりではないが、本書は実践的で即効性がある。ページ数も100前後で、2時間もあれば読めるあっさりとした内容であり、とてもコスパが良い本だった。

私はブログという広告事業を既に持っていて、副業OKの会社に転職予定である。なので、今年度末は上記を実践してみようと思った。

著者

只野 範男

完全版 無税入門

新品価格
¥1,300から
(2019/5/5 14:29時点)

レビュー
スポンサーリンク
ごとぅーんをフォローする
スポンサーリンク
スモビュ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました