ラットレースの罠

スポンサーリンク

主張

ラットレースとは

ハムスターが滑車を走るが如く、借金に追われながら働かなければならない状態を指す。金持ち父さん貧乏父さんに出てくる言葉だ。

本記事の目的

ヒトがラットレースに嵌る典型的なパターンを押さえることで、読者は有利に人生設計できる。

ラットレースへと至るパターンは以下だ。

  1. 学生から社会人になり、学費を払っていたことから一転、給与を得るようになる。
  2. クレジットカードにも慣れる。
  3. 1,2によって物欲が刺激され、クレカの支払いに追われるようになる。
  4. 結婚し、子供ができ、支出が増える。
  5. 車や家などをローンやで購入する。
  6. 給与が1月でも途切れれば、請求書を支払えない状態になる。

資産と負債

資産はお金を生み出すもの。負債はお金を奪うものだ。持ち家は最大の資産だと一般には思われているが、負債の定義上、持ち家は負債に分類される。ローンの支払いや固定資産税が生じるからだ。

対策

負債を買う前に、資産を買うべき。資産が生んだお金で負債を購入すべき。

私は親から車の購入を促されるが、株式投資についてはかなりバッシングされる。なぜなのか。

株式投資は値動きによるリスクはあるものの、配当や株主優待による利益を自動的に発生させてくれるので、資産に分類される。

投資で得た利益で負債の支払いをすれば、自分の残高は目減りすることがなく、有利な経済活動を行うことができる。

参考

  1. 金持ち父さん貧乏父さん [ロバート・キヨサキ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました