金持ち父さん 貧乏父さん レビュー

スポンサーリンク

所感

初めに読んだのは大学2,3年の時だった。大学の友人から借りた。当時、この本を見たときはうさん臭さMAXだった。読みで見ると、衝撃的な内容であり、私のパラダイムは変化した。

今はマネー系の本を読むようになり、本書はよく引用されているということが分かった。間違いなくマネー系のバイブルだ。

本書ではサラリーマンと金持ちの構造的な違いについて解説されている。継続的にリターンが得られるものに対してリソースを充てる、ということが一貫する考え方だ。

「給与のためではなく、学ぶために働け」と本書では説いている。時間を切り売りするような労働からは給与は得られるが、それは単発だ。学びは半永久的にリターンを与えてくれる。学ぶために仕事をしろ、なんて真面目なことが書いてあったのは意外だった。

著者

ロバート・キヨサキ

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

新品価格
¥1,728から
(2019/4/6 00:25時点)

レビュー
スポンサーリンク
ごとぅーんをフォローする
スポンサーリンク
スモビュ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました