[緊急]今すぐゴキブリ退治 ~殺虫剤やスプレーなしでもOK~

実用
スポンサーリンク

対象読者

  • 道具が十分にない中で今すぐゴキブリ退治したい方
  • ググっても、ゴキブリの根本的・長期的な対策ばかり出てきて、今!目の前!にいるゴキブリに対応できない方

結論

以下のゴキブリ退治方法がオススメだ。

  1. 棒状の何か輪っかにしたガムテープ(図1)を装着して、とり”もち”を作成する(図2)。これを”もち”いて捕獲する
  2. 捕獲後にガムテープでそっと封印する
図1.ガムテープで輪っかを作る
図2.棒状の何か(靴ベラ)によるとりもち

難点(利点?)は、捕獲直後に暴れゴキブリのお腹をじっくり拝むことができる点だ。

上記の方法は、

  1. どの家庭にもある(はずの)もので対応できる
  2. ゴキブリに与える隙が少ない
  3. 周囲を汚さない
  4. 壁や天井、家具の下など、幅広い場所に対応できる。

という点で、他の方法より優位性がある。

表1.ゴキブリ退治 比較
項目 本手法 熱湯 吹きかける系 潰す系
1.家庭にある
2.隙のなさ ×
3.汚さない × ×
4.退治可能性 × ×

以下で、表1の比較の詳細を見ていく。なお、根本からゴキブリを退治する系(毒餌、ゴキブリホイホイ、煙で退治等)は緊急性がないため無視する。

熱湯で退治

上記2,3,4に対応できないので、この方法はイケてない。

1.はOKだ。水の準備と湯沸かしはどの家庭でも行える。

2.はNGだ。2度の隙をゴキブリに与えてしまう。1度目は、お湯を沸かしに離脱する時。その後、気が気でないので、ゴキブリの監視に戻るはずだ。2度目は、沸いたお湯を取りに行く時だ。しかし、本記事の方法では1度の隙を与えるのみだ(どんな方法でも1度の隙は生じるはず。いや、スリッパや素手が最速だが、そんな猛者はこの記事を見ないので除外)。

3.もNG。お湯で周囲をビチャビチャにしてしまう。

4.もNG。高い位置にいるゴキブリにお湯をかけるのは危険すぎる!自分が退治されてしまうぞ!家具の下への攻撃も難しい。

殺虫剤やスプレー等の吹きかける系[1]

殺虫剤やコールドスプレーによる退治が王道だと思うが、他にも、

  • 洗剤
  • アルコール
  • 消臭スプレー(ファブリーズ等)

などでも代用可能なようだ。なので、1.はまあOKか。

2.もOKだ。むしろ、とりもち作成のタイムロスがない分、こちらの方が僅かに有利だ。

3.はNG。殺G現場を汚してしまったり、においがついてしまう。その点は工夫されている殺虫剤もあるようだが、本記事の方法のクリーンさには敵わないだろう。

4.もNG。瞬殺できないため、しばらくゴキブリが動き回ってしまい、死骸を回収しにくくなるかもしれない。壁にいるゴキブリは落下してしまうだろう。その下が、家具の隙間だったり、布団だったとしたら…。

ティッシュや新聞紙、ハエたたき等で潰す系[2]

1., 2.はOKだ。しかし、3., 4.がマズイ。

3.はゴキブリのハラワタや体液をブチまけることになるし、他のゴキブリを呼び寄せることになる(集合フェロモンが糞の中に含まれている)。

4.はグチャグチャになったゴキブリが自分に降ってくる恐れがある。また、家具の下では、勢いよくぶつけることが難しく、ゴキブリを潰しにくい。

棒状のものでゴキブリを潰すくらいなら、その先にガムテープを付けて、本記事の方法を試してみよう!

参考

  1. 身近なものを使ってゴキブリを退治する方法![NAVERまとめ]
  2. ゴキブリの生態から考える予防の方法[ゴキブリ駆除マイスター]

コメント

タイトルとURLをコピーしました